【動画】日本中が自粛ムードの中、資金パーティーを開催した秋葉総理補佐官に批判殺到!ネットの声「言い訳が小学生レベル」「危機感ゼロ」「逆ギレかよ」





ニュース記事

新型コロナウイルスの感染が拡大し、政府が26日大規模なイベントの中止や延期を求め、各地で催しなどを自粛する動きが広がる中、秋葉賢也総理大臣補佐官が、26日夜、地元で政治資金パーティーを開いていたことがわかりました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府は、26日、今後2週間程度大規模なスポーツや文化イベントの中止や延期を求める方針を決め、各地で催しや集会を自粛する動きが広がっています。

こうした中、秋葉賢也 総理大臣補佐官が26日夜、地元・仙台市で政治資金パーティーを開催していたことがわかりました。

秋葉氏の事務所などによりますとパーティーは、26日午後6時から、仙台市内の施設でおよそ200人を招待して立食形式で行われ、事務所などのスタッフはマスクを着用したうえで、参加者に対してはアルコール消毒を要請していたということです。

これについて岡田官房副長官は、午後の記者会見で、コメントは控えるとしたうえで「政治活動についてはそれぞれの政治家から説明があってしかるべきだ」と述べました。
秋葉補佐官「感染リスクは低いと判断」
秋葉賢也総理大臣補佐官は27日夜、記者団に対し、当初パーティーの延期も検討したが、宮城県をはじめ東北地方で感染者が出ていない状況を踏まえ、感染のリスクは低いと判断して予定どおり行ったと説明しました。

そのうえで「よりリスクを回避するために安倍総理大臣が26日午後、3月15日までの自粛を要請したが、私のパーティーはその日の夕方に組まれていた。例年よりも規模を半分に縮小し、1時間強で切り上げたし、アルコール消毒液も用意していた。補佐官という立場だからこそ、慎重に開催の判断をして行った」と述べています。




動画




安倍首相のコメント

安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、政府が大規模イベントの自粛を呼び掛けた当日に、秋葉賢也首相補佐官が政治資金パーティーを開いたことに関し、「政府方針を踏まえて行動すべきだと思うが、その中で責務を果たしてもらいたい」と述べた。

 国民民主党の渡辺周氏が秋葉氏の更迭を求めたことへの答弁。

 首相は、パーティー開催を把握していなかったと説明。秋葉氏の対応について「基本方針の趣旨を踏まえ、開催の適否も含め慎重に判断すべきだった」と苦言を呈した。 




ネットの声











おすすめの記事