【墜落の瞬間映像】アメリカ人マイク・ヒューズ氏が”地球は丸くない”と証明するために自作ロケットで飛び立つも失敗し死亡する…ネットの声まとめ【動画】

アメリカ・カリフォルニア州で「地球は丸くはなく、平らである」と信じる男性が宇宙からそれを確認するため、自作のロケットで大気圏を超えようとしましたが、発射に失敗し、男性は死亡しました。

 AP通信によりますと、死亡したのはカリフォルニア州在住のマイク・ヒューズ氏(64)で、22日、手作りの蒸気ロケットに乗り込みましたが、打ち上げから10秒ほどで推進力を失い墜落しました。

 ヒューズ氏は生前、アメリカメディアなどに、「私は地球が丸いとは思わない」、「それを空から確認する」と公言しており、2008年にも自作のロケットで高度570メートルまで飛行に成功していました。

 今回の打ち上げを取材していたアメリカのテレビ番組は「この困難な時において、彼の家族と友人に対して我々の思いと祈りを馳せたい」とSNSに投稿しました。

 ヒューズ氏は、生前、車のジャンプ・レースでギネス記録も保持していて、「人は、並外れたことを成し遂げられる、と人々に納得させたいのだ」と話していました。




動画




ネットの声






おすすめの記事