【新型肺炎】パンデミックの恐怖がリアル…まさにタイムリーな映画”コンテイジョン”が話題に!ネット「現実の状況に似ている」「パニックが現実に」【動画】【新型コロナウイルス】

海外でも再注目

中国・湖北省武漢を中心に発生した新型コロナウイルスが原因とされる、新型コロナウイルス関連肺炎の被害が拡大するなか、アメリカでは2011年に公開されたSFスリラー「コンテイジョン」が注目を集めているという。米ハリウッド・レポーターが報じた。

「コンテイジョン」は、マット・デイモン、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、マリオン・コティヤールら豪華キャストが共演したスティーブン・ソダーバーグ監督作だ。同作は1月28日(現地時間)、米iTunesのレンタルチャートの10位にランクイン。「ジョーカー」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」「パラサイト 半地下の家族」など、2019年に公開された新作がひしめくチャートのなかで、11年公開作は異彩を放っている。

いまアメリカで「コンテイジョン」が再注目されている理由は、同作がパンデミックの恐怖を科学的な考証とシミュレーションに基づいてリアルに描いているためだと言われている。

映画は、香港出張から戻ったアメリカ人女性(パルトロウ)が体調不良を訴え、死亡。同じような事例が世界各地で相次ぐなか、パニックに陥る人々や、ワクチン開発に取り組む医療関係者、デマを広めるジャーナリストの姿を、ドキュメンタリータッチで描いた力作だ。同作は現在、アメリカのストリーミングサービスでは提供されていないため、米iTunesにアクセスが集中したものと思われる。







ネットの声









動画


※外部リンク




動画

おすすめの記事