【視聴率】ラグビーワールドカップ(南アフリカ戦)平均41.6%瞬間最高49.1%!日本シリーズ・グランメゾン東京(キムタク)は?ネットの予想と結果

前回、ラグビーワールドカップ日本vs.スコットランド(日本テレビ)の平均視聴率は39.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)
瞬間最高視聴率は、午後9時41分の53.7%日本が勝利した場面だった。

(その前の日本vs.サモア(日本テレビ)は32.8%)

準々決勝で南アフリカに敗れたものの過去最高のワールドカップベスト8の快挙を成し遂げたラグビー日本代表
熱狂的なファン、にわかファン問わず日本中がラグビーというスポーツに熱中した1ヶ月間だった。

日本代表が敗れたこの日(20日)はプロ野球日本シリーズ、そして時間帯は被らなかったがキムタク主演の注目ドラマ・グランメゾン東京の初回放送日とあってその視聴率に世間の注目の的となっている。

そこでネット上の視聴率予想と合わせてこの3番組の視聴率をご紹介いたします。




ネット上の予想





結果は

グランメゾン東京

俳優の木村拓哉(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「グランメゾン東京」(日曜後9・00)が25分拡大で20日にスタートし、初回(第1話)の平均視聴率は12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。生中継されたプロ野球日本シリーズ「巨人―ソフトバンク」第2戦の放送時間延長のため、50分遅れでの放送開始となったが、好スタートを切った。

ラグビーワールドカップ vs.南アフリカ

NHKが20日に放送したラグビーW杯日本大会準々決勝の「日本×南アフリカ」の関東地区の平均視聴率が41・6%と高視聴率だったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。

13日に日本テレビで放送された日本代表が決勝トーナメント初進出を決めたスコットランド戦の平均視聴率39・2%と比べ、2・4ポイント上回る驚異的な数字となった。

瞬間最高は49・1%だった。

これまでの日本代表戦の関東地区の平均視聴率は以下の通り。

▼9月20日(日本テレビ) ロシア戦で18・3%、瞬間最高視聴率は25・5%を記録。

▼9月28日(NHK) アイルランド戦が22・5%、瞬間最高視聴率は28・9%。

▼10月5日(日本テレビ) サモア戦は32・8%、瞬間最高視聴率は46・1%だった。

▼10月13日(日本テレビ) スコットランド戦で39・2%を記録。瞬間最高視聴率は53・7%と驚異的な数字を記録。

※視聴率はビデオリサーチ調べ。

日本シリーズ第2戦

プロ野球日本シリーズ「ソフトバンク×巨人」の第2戦が20日、TBS系で放送され、関東地区の平均視聴率が7・3%だったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。

この日は、同時間帯にNHKでラグビーW杯日本大会「日本×ニュージーランド」がNHKで放送され、関東地区の平均視聴率が41・6%と驚異的な数字を記録していた。

おすすめの記事