日テレは笑いが止まらない?ラグビーW杯、日本スコットランド戦の視聴率がヤバイ

日本テレビが13日に生中継したラグビーW杯「日本―スコットランド」(日本テレビ、後7・30~9・54)の平均視聴率は39.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが15日、分かった。

 今年放送された全番組を通して、5日に生中継されたラグビーW杯「日本―サモア」(日本テレビ、後7・15~9・34)の32・8%を超えて1位となった。ジャパンの躍進とともに、注目度も上昇している。

 瞬間最高視聴率は、午後9時41分の53.7%で、日本がスコットランドの猛攻に耐え抜き、勝利した場面だった。

 9月20日に生中継された開幕戦「日本―ロシア」(後7・30~9・54)の平均視聴率は、関東地区で18・3%、瞬間最高視聴率は25・5%をマーク。また、同28日にNHK総合で生中継された「日本―アイルランド」の平均視聴率は、関東地区で前半(後4・05~5・08)が15・3%、後半(後5・10~6・31)が22・5%で、瞬間最高視聴率は28・9%を記録した。




ネットの反応(Twitter)





おすすめの記事