ZOZO離れを火消し?限定割引価格の非表示をアパレル側が選択可能に

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)は26日、昨年12月に始めた有料会員向け割引サービスで、非会員向けにも割引価格を表示するかどうか、アパレル側が選べるようにしたと発表した。非会員にも割引価格が表示されることで、ブランド価値が下がるとアパレル側が反発。販売をやめる「ゾゾ離れ」が起きていた。

割引サービスは「ZOZOARIGATOメンバーシップ」。年3千円か月500円を払って会員になると、ゾゾタウンの全商品が10%(初月は30%)割り引かれる。割引原資はゾゾが負担する。割引は有料会員のみが対象だが、利用者の多くを占める非会員向けにも割引価格が表示されていた。アパレル側は「単なる安売りにとられかねず、ブランドの価値を損ねる」などと反発。今年1月末時点で全体の3%超にあたる42ショップが商品の販売を取りやめていた。

前沢友作社長は1月の決算説明会で「影響は極めて軽微だ」と強調したが、今回の見直しは、一連のゾゾ離れを火消しする意味合いもあるとみられる。ただ、割引自体は続けるため、アパレル側の不満は解消されない可能性がある。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000107-asahi-bus_all

・自慢大好き出たがり社長の養分になると思うともうZOZOで物は買いません。

ピンハネや中抜き業者が力を持つ時代は終わらせて欲しい。
インターネットが発達してネットと通じて取引が自由になるはずが人を集めたもん勝ちで最終的にはルールを自由に作り上げて、いうことを聞かせるというモデルばかり。

自分も周囲もZOZOを使っていないから、たぶんZOZOが無くても困らない人は多いのだろうな。それに前澤さんは人材の育成に力を入れていないようだから、色々な意見を聞くことも無くつまづいたら終わりだね。

ありがとう割入る気ないから、ありがとう価格が邪魔すぎる
ありがとう会員にだけ表示すればいいのに

そもそも、前澤さんは自分が贅沢をしたいが為に経営してるようなもんだし。じゃないと、普通、現役バリバリの経営者が自社株を頻繁に売買とかしない。ていうか、よくインサイダー取引に認定されないよなって不思議に思うが。利益はパートナー企業や従業員あってのものだと思うから、強欲にならずに、も少し還元すればよいのに。

年初に年玉やと派手に大盤振る舞いしたけれど、する相手を間違ってたな。

消費者ではなく、モールに加盟しているお店に限定家賃値下げとかをやればまた違った結果になっただろうね。

消費者も大事だけれど、zozoは加盟しているショップあっての儲けだと理解できなかったのかな。

世間にマイナスのイメージを持たれた事が最大の失策だと思う。

今の状況では何をやっても前澤さんは叩かれると思います。
派手に公に出過ぎた。

もう前澤氏が取締役にとどまっている限り、
この動きは止まらないような気がします。
いまZOZOに必要なのは、販売経営戦略でもなく、
単に取締役の一掃、とりわけ前澤氏の経営関与をなくすことが、
経営的にも、ブランディングでも一番効果がある方法ではないかと思います。

昔はZOZOならネットでも絶対に本物、と割と信頼感があった。でも今は自社のECサイトや百貨店の直営の方がポイントや送料、ファミリーセールなども期間が明示されて案内が届き、安心感がある。ZOZOがネットで洋服やバッグを買うのに抵抗を無くした功績は凄いと思う。でもZOZOの急な値下げやクーポン配信、今回の会員限定価格は本当にもうZOZOを見るのは辞めようと言う気になった。ここまで社長が露出して下品なお金の使い方をしていたら特捜とかに逮捕されて終了しそう。

原価率が35%程度なのはブランディングに必要な様々な販促コストが付加されるからだって事を全く理解できずに、こんなに安く作っているんだから値引きして当たり前と思っている前沢にはファッション流通は向かないよ。

ZOZO離れの元凶は社長に責任があると思う。
あまりにもチャラチャラし過ぎていて鼻につく。
わざわざ気に入らない社長の会社で買う必要もない。
そう思った人も少なくないでしょう。

挽回は難しそう
あとは落ちていくだけ
調子に乗りすぎたな

ZOZOは商業施設と同じ、人気の施設ならテナントをだしたいが不人気の施設には出したくない。
彼がその施設の人気をかなり落としてしまったように思う。
もうかなりヤバイと思うな。

有料会員以外の人は非表示のブランドの品を買う気がしなくなるのでは?
割引後の価格がどのくらい安くなっているのかを知るためにわざわざ有料会員にならないし、割引されるのがわかっているのに表示価格でかわないでしょ。
ゾゾにとっての顧客はブランドと消費者でありこの間を取り持つ役割なのにブランドに対しては売ってやってる、消費者には安いから買うだろうという両者をバカにした姿勢にしか見えない。

メーカーを敵に回してやっていけると思ったのかねこの人。

実るほど頭を垂れる稲穂かな
昔の人は良いこと言ってるよ

有頂天になっていた、前沢社長の限界が見えてきた?
今更感が強い。

今の状況では、何をやっても歯止めは効かないですよ。委託してる企業がマイナスイメージになることは確実です。
これだけマスコミの注目を浴びて、潰されかかってる企業も珍しいです。
今はだまって、無視して静観の時間だと思います。過剰な反応は更に企業イメージが下がりますね。

中堅ブランドが売りやったのに、安いブランド参入や値下げ攻勢で元あったブランドが高く見えたり、限られてるお客を分散させたりで明らかに戦略ミスやし、影響は大きく元に戻るのは難しいかと。。
お客だけでなくunited arrowsみたいに企業もZOZO離れはとまらない、、、

前澤さん自身に自分がピンハネ屋だとの自覚がない以上、ZOZOはダメになると思う。

リスクを負って商品を開発・販売しているメーカー側と気持ちの乖離が大きすぎるよ。

おすすめの記事